活性酸素の種類

活性酸素の種類

 

一言に活性酸素といっても、その種類は一つではありません。

 

代表的な活性酸素について詳しく紹介していきたいと思います。

 

 

 

スーパーオキシド

これは最も一般的な活性酸素です。

 

大量に発生しますが、もともと私たちの体内にはこれを分解するいくつかの酵素があるので、スーパーオキシドの存在自体は心配する必要はないと言えるでしょう。

 

 

ヒドロキシラジカル

強い酸化力を持ち、私たちの体内の糖質、核酸、脂質、タンパク質などを酸化させていきます。

 

それによって、DNA、細胞膜、細胞器官に障害がもたらされ、やがて老化や疾患に繋がるというメカニズムが働くため、悪性の強い活性酸素です。

 

 

過酸化水素

過酸化水素は私たちの生活に必要な物質であり、これ自体は安定な物質ですが、上記のヒドロキシラジカルに変化してしまうこともあります。

 

善人にも悪人にも成りえる活性酸素といったところかもしれません。

 

 

一重項酸素

一重項酸素は、紫外線があたる際に発生する活性酸素です。

 

ヒドロキシラジカルは、エラスチンコラーゲンなど皮膚の若さを保つタンパク質を破壊するため、お肌の天敵でもあります。

 

 

これらの悪性の活性酸素こそが私たちの身体に様々な老化現象を引き起こす元凶だと言われています。

 

 







関連ページ

活性酸素て何?
美容にも健康にもよくないとされる活性酸素ですが、活性酸素とはどのようなものでしょうか。

 
水素水とは? 水素水の美容効果 水素水とアンチエイジング 売れてる水素水ランキング 水素風呂