容器で変わる水素の量

水素水の容器で濃度が変わる

表示されている水素含有量も買う時の判断材料になることは違いありませんが

 

水素水が入っている容器によって、実際に飲む時の水素の含有量に大きな違いがあります

 

水素は酸素と反応しやすく、この水素を水に溶かしただけのもの。

 

水素水と称しながらも水素がほとんど入っていない製品があるという事例もあるほどです。称しながらも水素がほとんど入っていない製品があるという事例もあるほどです。
その理由は、、水素は空気中に逃げやすいという性質があるからです。

 

 

アルミ容器のボトルタイプは、容器の構造上蓋と本体との間の気密性が低い為、この隙間からどんどん水素が抜け出てしまうと言う欠点がありますので注意して下さい。

 

ペットボトルは高分子樹脂でできていますので、分子の中でもいちばん低分子の水素は簡単にすり抜けてしまいます。

 

 

 

販売されている水素水では、圧倒的にパウチタイプが多いのはこの為です。

 

 

厳密に言えば、パウチタイプでもキャップの材質や構造により、ある程度の水素が逃げていく事もある為、一度に大量の買い置きはお勧め出来ません。

 

 


このような水素の性質から、その場で自分で作るタイプは別として、ペットボトルやアルミ缶の水素水はおすすめしていません。

 

 

 

 

↓↓↓パウチタイプオススメの第一位↓↓↓
高濃度ナノ水素水 健康家族の仙寿の水>>

 

↓↓↓女性にはシリカ配合のこちら↓↓↓
熊本県菊池の天然水【浸みわたる水素水】>>

 

 

 

 







関連ページ

水素水が注目されるわけ
美肌や健康に効果があると、雑誌やテレビで話題の水素水。水素水と肌の関係を女性目線で徹底的に調べてみました。
水素水の単位と濃度
水素水は飲みやすさも大事なポイントですが、一番重要なのは飲むときの水素含有量です。

 
水素水とは? 水素水の美容効果 水素水とアンチエイジング 売れてる水素水ランキング 水素風呂