濃度と製造日について

濃度と製造日について

 

「水素水」と言っても、商品によって含まれる水素の量は大きく異なります。

 

目安としては、0.8〜1.0ppm(※ppmとはparts per millionの略で1ppm=0.0001%)の水素濃度があれば十分な効果が期待できると言われています。

 

1ppmとは0.0001%です。

 

 

水に溶ける分子水素の常温での飽和濃度は約1.6ppmですので、これ以上溶けません。

 

これより濃度が高くても効果に変わりはありませんので、この範囲であれば問題ありません。

 

 

 

製造からの経過日数に注意

 

 

水素水は清涼飲料水の商品として扱われているため、賞味期限の記載が義務づけられています。

 

容器が密封されていてもでも水素は抜けていきます。

 

製造日からの経過時間がわかる商品がおすすめです。

 

 

3ヶ月から4ヶ月ほどで水素は徐々に抜けてしまいます。製造月日がきちんと管理されている安心なものを買うように心がけましょう。

 

 

 







関連ページ

水素水を飲むタイミング
美肌や健康に効果があると、雑誌やテレビで話題の水素水。水素水と肌の関係を女性目線で徹底的に調べてみました。
水素水の選び方
美肌や健康に効果があると、雑誌やテレビで話題の水素水。水素水と肌の関係を女性目線で徹底的に調べてみました。
自分で作る水素水
美肌や健康に効果があると、雑誌やテレビで話題の水素水。水素水と肌の関係を女性目線で徹底的に調べてみました。
水素水の効果を感じなくなったら
美肌や健康に効果があると、雑誌やテレビで話題の水素水。水素水と肌の関係を女性目線で徹底的に調べてみました。
一日に飲む量はどれぐらい?
美肌や健康に効果があると、雑誌やテレビで話題の水素水。水素水と肌の関係を女性目線で徹底的に調べてみました。

 
水素水とは? 水素水の美容効果 水素水とアンチエイジング 売れてる水素水ランキング 水素風呂